2017年4月30日日曜日

仕事の生産性を高める ToDoリストの活用法

4月から新しい病院に勤務し始めました.電子カルテの操作方法を一から勉強し直して,電子カルテのオーダリングを,できるだけ効率化しようと考えています.

作業の効率化を考えるときに,私がまずすること.それは「自分がしている事を,すべて,リスト化すること」.仕事の見える化ですね.

例えば,入院から退院までに
・入院診療計画書作成
・手術申し込み
・インプラントの手配
・手術承諾書,輸血承諾書,特定生物由来製品承諾書
・術後採血
・術中,術後レントゲン
・手術記録
・術後安静度指示
・リハビリオーダー 
・転院先への紹介状
などなど.
おそらく20以上のオーダリングが必要になると思います.
(実際にリストにしてみると,かなりたくさんのオーダリングをしていることに気づきます)

今までは,自分の記憶に頼りながら,上記のオーダリングをしていました.
しかし,
・記憶に頼って,忙しい外来で入力すると,入力し忘れ,入力ミスが多い.
・途中まで入力して,後日入力しようと思うと,どこまで入力したか一から確認する作業が必要.(二度手間)
・そもそも,20近いリストを,思い出しながら入力すると,頭に余計な負荷がかかって無駄に疲れる.

など,かなりイケていない(効率が悪い)な.と感じていました.

そこで,入院決定から退院までに必要な作業(タスク)を,すべてTo Doリストとしてまとめることにしました.

入院が決まったら,カルテのメモ帳(掲示板)にこのリストをコピペします.
そして,オーダリングが済んだものをメモ帳からどんどん消していきます.

この方法のメリットは
・記憶に頼らず,機械的に作業ができるので,無駄が少ない
 (頭が疲れているときでもミスが起こりにくい)
・途中やめしても,どこまで入力したかわかるので,確認作業なしでオーダリングを継続できる.
・2人以上で分業するときにも相性がよい(例えば医師とクラークさん)
・To Do listがどんどん消えていくので結構うれしい.

そして,やるべきことをTo Do listに落とし込んで,しばらく運用したら.
「このオーダリングって,他の人(クラークさんなど)にお願いできないかな?」
と考え,どんどん人にお願いする仕組みをつくることが大切です.




勤務医・開業医という枠にとらわれず,時間的・空間的・経済的自由を手に入れるためのアイディアや知恵を共有したい.

医師のキャリア革命(オンラインサロン)という企画を考え,Facebookの非公開グループで活動しています.仕事のやり方,留学の方法,確定拠出年金,資産運用,オトクなクレジットカードなどなど.いろいろなアイディアを共有することができます.

2017年は20名の会員を募集いたします(2017年12月末で終了).
*2017/04/23 現在 18名がエントリー(残り2枠です).

2017年4月29日土曜日

仕事はどんどん人に任せよう

優秀な人に多い罠(わな)
「人に任せるより、自分でやった方が早いし、クォリティーが高いから全部自分でやるというスタイル」

実は、私も、以前は、全部自分でやってしまう派でした。
でも、今は考え方が180度かわって、
「自分の周囲に、任せられる事,任せられる人を見つけて、積極的にお任せする」という方法にスイッチしました。

出典を忘れましたが、下記のような話を想像してみましょう。
 A教授(10ページの論文をタイピングするのに1時間かかる。時給1万円)
 B秘書さん 10ページの論文をタイピングするのに5時間かかる。時給1000円)

A教授が「タイピングはB秘書より自分の方が5倍早いから自分でやった方が効率がよい」と考えたとすると。

A教授が10時間の作業のうち
1時間をタイピング にあて残り9時間で9万円分の仕事
秘書は10時間で1万円分の仕事
合計 10万円+論文完成

A教授がタイピングを秘書にまかせた場合は
A教授は10時間すべてを自分が本来やるべき仕事に集中10万円
秘書が5時間でタイピングを終えて、残りの5時間仕事 5000
合計105000円+論文完成

意外ですが、タイピングの早い教授は、あえてその仕事をタイピングの遅い秘書にまかせた方が、アウトプットは大きくなることがわかります。

周囲にふれる仕事は、どんどん振り分けましょう。そして、自分は、より付加価値の高い仕事に集中しましょう。そうすれば生産性はどんどん高まるはずです。



2017年日本整形外科学会開催にあわせて
「プレゼンテーション」のセミナーを開催いたします.

タイトル:プレゼンテーションの未来を語る会
講師:杉本佳久 と 安倍雄一郎先生
日時:2017年5月19日(金)13:00〜17:30(予定)
会場:TKPガーデンシティ仙台
定員:15名(残り10枠)

講演とグループワークを半々で行う予定です.
 医学系学会で使用されているプレゼンテーションの枠を超えて,
「いかにして相手のアクションを引き出すか?」
についてフォーカスしたいと思います.

安倍先生からは,最新のプレゼンテーションツールである
Preziを効果的に使う方法についてもレクチャーしていただく予定です.

企画 ・プレゼン天下一武道会 他

参加申し込みはこちらから

2017年4月28日金曜日

自転車通勤と英会話のリスニング

4月から転勤したため,朝の通勤時間がかわりました.以前は自宅から大学病院まで,自転車で5分程でしたが,新しい勤務先は,自転車で15分ほどかかります.往復で1日30分です.

この片道15分という長さが,英会話のリスニングにちょうど良い長さなんです.最近では,JBJSやCNNのPodcastをiPhoneで聞き流しています.英会話は上を目指すとキリがありませんので,今持っているスキルを維持できる程度に,通勤を利用したリスニングを続けていきたいと思います.

2017年4月27日木曜日

Win-Winって便利な言葉.でも使い方には注意が必要

先日,ひとまわり以上若い人とお酒を飲む機会がありました.彼は元自衛隊という経歴を持っていましたが,かなりの読書家で面白い人でした.仕事の話をしていて,私が無意識に「それって,Win-Winだね」と話したところ.彼から鋭い指摘がありました.
「Win-Winって,色々なケースがあって,98:2くらいのWin-Winもあれば,50:50のWin-Winもありますよね.だからケースバイケースだと思いますね」と.

確かに,98:2のWin-Winというケースは,「まあ,おたくには,損はありませんよ.(こちらにはかなりのメリットがありますが)」という意味合いが強くなりますね.明らかにメリットの比重に差がある場合にWin-Winという言葉を使うと,相手に与える印象が悪くなる可能性も考えておかないといけないですね.


勤務医・開業医という枠にとらわれず,時間的・空間的・経済的自由を手に入れるためのアイディアや知恵を共有したい.

医師のキャリア革命(オンラインサロン)という企画を考え,Facebookの非公開グループで活動しています.仕事のやり方,留学の方法,確定拠出年金,資産運用,オトクなクレジットカードなどなど.いろいろなアイディアを共有することができます.

2017年は20名の会員を募集いたします(2017年12月末で終了).
*2017/04/23 現在 18名がエントリー(残り2枠です).

2017年4月26日水曜日

タクシーの生産性

先日,出張の帰りに駅から自宅までタクシーを使いました.駅のロータリーには,法人タクシーと個人タクシーがランダムに順番待ちしています.私の前には個人タクシーが止まりました.

タクシーに乗って,行き先を告げましたが,運転手さんから返事がありません.その時点で,嫌な予感がしたのですが,その後の運転が最悪でした.お客さんを乗せているにもかかわらず,前方の車をあおる,クラクションをならす,無理な車線変更をする.ちょっと身の危険を感じるレベルの運転でした.

実は最近,タクシーよりバスを多用しています.というのもタクシーの生産性がとても低いと感じるようになったからです.(もちろん,とても紳士的で,心地よい運転をしてくれるドライバーさんはたくさんいますが.)

その一番の理由は,「タクシー運転手さんを自分の意思で選ぶことができない.」という一点につきます.

・80歳を超えるような運転手さん
・車内が猛烈にくさい(タバコ,汗など)
・今回のように運転があらい,マナーがひどい

個人的には,上記にあげた人の運転する車には,どのような価格でも乗りたくありません(タダでも乗りたくありません).年齢で差別してはいけませんが,やはり高齢になると認知機能が低下することは明らかであり,自分の生命をあずけることには躊躇されます.

逆にUberのように,運転手と乗り手が相互にレイティングするシステムは非常に生産性が高いと言えます.自走車が街中を走行するようになれば,「○○社の自走車は,事故率0.001%」みたいなアピールも可能でしょう.

生産性の点から言えば,”プロの意識をもった優良ドライバーさん”も,損をしていると言えます.今回のケースで言えば,5分後に優良ドライバーさんがくることがわかっていれば,たまたま自分の前にとまった今回のタクシーに私が乗ることはありませんでした.



2017年4月25日火曜日

ガラケー恐るべし

新しく勤務先では,医師に携帯電話(ガラケー)が支給されています.

すでに5年以上iPhoneをつかっているので,私の中では「携帯は毎日充電」が常識でした.ところが,このガラケー,4日充電なく使っても,バッテリーのメモリが満タンのままなのです(驚).普段は充電器を持たずに旅行するなんて,ありえませんが,ガラケーであれば海外にでも充電器をもたずにいけそうです.

これまで,ガラケーを使っている人みると,「なんでスマホに変えないのかな?」と思っていました.でも,ガラケーで困っていない人からすると,「毎日充電しないといけないスマホなんて使う気になれない」と感じるはずですね.

視野が狭くなっていました.今後はガラケーユーザーを見るときに,ちょっとリスペクトしてしまいそうです(笑).


2017年日本整形外科学会開催にあわせて
「プレゼンテーション」のセミナーを開催いたします.

タイトル:プレゼンテーションの未来を語る会
講師:杉本佳久 と 安倍雄一郎先生
日時:2017年5月19日(金)13:00〜17:30(予定)
会場:TKPガーデンシティ仙台
定員:15名(残り10枠)

講演とグループワークを半々で行う予定です.
 医学系学会で使用されているプレゼンテーションの枠を超えて,
「いかにして相手のアクションを引き出すか?」
についてフォーカスしたいと思います.

安倍先生からは,最新のプレゼンテーションツールである
Preziを効果的に使う方法についてもレクチャーしていただく予定です.

企画 ・プレゼン天下一武道会 他

参加申し込みはこちらから

2017年4月24日月曜日

お店選びのコツ

大学時代に,サッカー部の雑用係的な仕事をしていました.遠征に出かけると,一番にしないといけない仕事は,その日の飲み会の店を予約することです.当時は,食べログのようなサービスも無く,基本的には繁華街を歩いて自分の感覚で店を探していました.

医師になってからも,出張をする機会が多く,いろいろなお店に行きました.

そんななかで,個人的に美味しい飲食店をみつけるコツについて書いてみます.

絶対的なルール
・初めて訪れる地域のお店については,地元に住む(飲み歩きが好きな)知人にオススメを聞く.
信頼できる地元の知人がいる場合は,あまり困りませんね.

今まで入ったことがないお店に入るかどうか決めるためのルール
・お店の前にダンボールや余計なものが置いてあるお店は避ける.

・古い看板&キレイなのれんは,当たりのことが多い.
例えばこんな看板

(看板は開店当初から使い続けていると古くなります.でも古い看板は,その場所で,長く商売を続けてきた証拠.のれんがキレイなのは,清潔なお店である証拠)

・きれいな手書きの黒板がお店の前に置いてある.

・内装も外装もきれいなお店は,当たりハズレがある.
できたばかりのお店ですから当然ですね.