2017年8月16日水曜日

人生100年時代の働き方 医師編 part 1

長生きすることも,リスクになる時代に突入しました.

医者自身の環境を考えてみると
・勤務医は,定年退職という制度により,一定の年齢で安定した職場から退場させられる
・年金については,支給年齢の引き上げはおそらく不可避(将来的には70歳を超える?)

さらに,医師に比較的多いパターンとして
・複数の子供が私立中学,高校,を経て医学部に進学
・40歳で結婚して子供ができたため,定年退職の時点でまだ子供への仕送りが必要
・退職金が少ない

そう考えると
マイホーム以外の金融資産がほとんどなく,働き慣れた職場は,定年退職という制度により強制退場させられてしまうことで,
 65歳で人的資本(働いて稼ぐ力)がゼロに近づく
 金融資産もわずか
 社会資本(人と人とのつながり)もゼロ
となってしまうリスクは...結構高いと思うのは私だけでしょうか?

そう考えてみると,勤務医の仕事というのは,非常に切ないですね.研修医(24歳)から定年退職するまでは,額面では立派な給料から,多額の税金を無慈悲に奪われて,定年退職した後は,過去に支払った税金の金額は,その後の生活に全く考慮してもらえない.

今後,90歳,100歳まで生きる人は確実に増えてきます.
定年退職から30年間,僅かな年金とそれまでに蓄えた金融資産で生活していくのは,かなり厳しい戦いになりそうです.

では,どのようにして,この厳しい時代を生き延びれば良いのでしょうか?

part 2に続く

2017年8月15日火曜日

贅沢品をローンで購入する際は慎重に

不動産投資など,ローンの金利を上回る収益が見込める場合は別として,私自身,基本的にローンは利用しない方針にしています.

そうは言っても,車はローンで購入しないといけないでしょ
と即答してしまう方は,少し注意が必要かもしれません.

地方都市では,車は日常生活に必須のものだと思います.

ですが,高級車である必要性は全然ありません.

車の(最低限の)機能というのは"人と荷物を載せて移動する箱"です.
今なら,インターネットで中古車を検索すれば,100万円以下で購入可能です.
実際私はこの方法で購入したコンパクトカーに10年近く乗ってます(汗)
とても医者が乗っている車には見えないので,知人に気づかれないというメリットも笑

もちろん
 乗り心地が良い
 安全性が高い
 高級感がある
 ベンツ以外は車ではない?
などの理由で,アップグレードすれば,1000万円を超えることも可能です.
でも,これは,本来必要な最低限の機能に,かなり"贅沢な要素"が上乗せされています.

さらに,「夫婦で使うから,2台必要」というのが前提になっている方もいるかもしれませんが,2台の車を維持するための駐車スペース,保険,ガソリン代,車の購入費用,車検代,修理代というのは,相当な金額になります.

そうであれば,なんとか1台の車をフル稼働する方法を考える.というのも検討の余地がありますね.実際私の家は,1台しか車がありません(汗).

家計に潤沢な資産があり,(仮に)500万円の車を2台現金で購入して,さらに維持費も全然問題なく支払える方であれば,購入すればいいと思うのですが,それは無理だから,ローンで支払うとなると...どうでしょうか?

おそらく月々の給与から支払える範囲のギリギリの額で,長期のローンを組むことになりそうです.今は金利は安いですが,ローンを組んでいる間は,おそらく貯金が難しくなるでしょう.そもそも,ローンを組みながら貯金をするのであれば,ローンの支払いを前倒ししたほうが,金利が安くなる分メリットが大きいです.

車を買い換える必要に迫られたら,「現金で買う」という方針にしておけば,「今の貯金では,高級車は無理だな.」というブレーキがかかるかもしれませんね.

(注)一部の高級外車は,中古車として売る際に,値崩れしにくいという積極的な理由で高級外車に乗られている人もいると思います.さらに,そのメリットを利用して,法人の経費で購入するというのは,とても合理的な判断だと思います.

2017年8月14日月曜日

臨床研究の道標が新しくなりました

以前から,当ブログでも激推しの良書かつ,売上ナンバーワンの本.

臨床研究の道標

この度,内容を全面見直しして,バージョンアップ.
上巻,下巻の2冊に生まれ変わって,発売されたようです.




(在庫切れの際は,少々お待ち下さいね)

とぜんな脊椎外科医のブログでも,激推しのようです!
リンク:臨床研究のバイブルが届きました!臨床研究の道標

正直,ここまでの良書というのは,書き手の相当な熱意がないと完成しなかったでしょうね〜.すでに疫学の知識がある先生はもちろん,これから大学院に進学する先生,臨床研究を志している先生,後期研修医,研修医,医学生さん.要するに,すべての医師にオススメの本です!!

2017年8月13日日曜日

潤沢な資金があれば,強いチームを作れるとは限らない

お金があればすべて解決!とならないことが世の中にはたくさんあります.

・サッカーのチーム編成
潤沢な資金を持っているクラブチームは,有名な選手を一本釣りしてしまう傾向があります.スタープレーヤーに超高額の給与を支払い,古くから所属しているチームに欠かせない選手の給与との間にギャップを生じると,チーム内の雰囲気がギクシャクしてしまいます.さらに,一本釣りした選手同士の相性が悪いと,「一流選手ばかりなのに勝てないよね」となることもしばしば.

・私の料理
八百屋さんでは,お金に糸目を付けずに,ほしい選手(野菜)を一本釣りしてしまうのですが,全体のハーモニーが今ひとつ.ということはしばしば.
旬をすぎて,割高になったプレーヤー(野菜)を購入していることも多々あります笑
逆に,今が旬の選手(野菜)を,どのように調理したら良いかわからず,チームに加えることができないというデメリットも.

スモールビジネスのスタートアップに関しても,資金がギリギリの環境の方が,給与の交渉にシビアになれたり,不要な固定費を思い切って削減したりして,コンパクトな組織を作れる可能性が高いかもしれません.(成功するかどうかわからない)ビジネスを始める前から,まとまった資金を投資することには,慎重になった方が良いかもしれませんね.

2017年8月12日土曜日

リモートワークについて

ノマドワーカー,リモートワークといったキーワードは,以前は特殊な人達の勤務スタイルでしたが,IT環境が充実した近年では,より一般的なものとなりました.

関連リンク:リモートワークの現実(整形外科医のブログより)

私自身の過去から現在における,リモートワーク(オンラインでの共同作業)についてまとめてみました.

1)英語論文作成
一番古いオンラインでの共同作業は,英語論文作成(英文校正)でした.おそらく,2004年頃からスタートしています.そして,現在も続いています.
当時ネットで紹介されていた,アメリカ在住の獣医さん(Zaberさん)とe-mailでコミュニケーションをとっています.Wordをメールに添付してやりとりします.私が過去に書いた論文はほぼ全て,Zaberさんの校正です.
リンク:医学論文のnative check

1対1のやり取りで,かつ,それほど頻繁にやり取りが無い作業であれば,現在でも十分に機能するスタイルだと思います.

2)オンラインストレージを利用した共同作業
岡山大学で仕事をしていた期間は,SugarSyncというオンラインストレージを使用していました.共同作業といっても,日常顔を合わせる機会が多く,共有したい資料のオンラインの保管場所.といった使い方です.
ちなみに,現在はSugarSyncは使用していません.近年,サービスの質が低下していることと,日本語の情報サイトに情報が上がらなくなったためです.
現在であれば,
a)Windows環境であればOneDrive(使用経験なし)
b)Mac環境下であればiCloud(現在個人のデータ管理にメインで使用)
c)Dropbox(現在無料プランを使用中)
d)googleドキュメント
などが有力候補となるでしょう.コンピューターのOSに依存せずに使いたいのであれば,c)d)を利用されている方が多いかもしれませんね.

3)オンラインのチャット
e-mail(私の場合gmail)は,過去のやり取りを参照するのが結構面倒です(検索機能は素晴らしい).そのため,頻繁なやりとりをする場合は,Facebook messengerもしくはLINEを使用するのがよいでしょう.使用したことはありませんが,ChatWorkというサービスも便利みたいです.

リモートワークというのは,作業する人が世界中どこにいても機能するというのが強みです.ただ,働き方が従来のスタイルと大きく異なり,完全な成果主義となります.これは,ばりばりと成果を上げている人にとっては朗報ですが,なんとなくその場にいるだけで,決まった給料を受け取っているフリーライダースタイルでは,収入を得ることができなくなります.まあ,あたりまえといえばあたりまえですね.仕事をガンガンこなしていく人にとっては,今後欠かせないツールとなるでしょう.

同じ課題であっても,それを30分で完成させる人もいれば,1ヵ月かけて完成させる人もでてくるでしょう.個人がもつ生産性の大小が,収入に大きく影響することになります.逆に言えば,従来のサラリーマンスタイルは,生産性の大小にかかわらず,報酬を平均化してしまうため,優秀な人にとっては不利なスタイルとなりますね.



2017年8月11日金曜日

テレビの影響力はあなどれない

救命センターを舞台にしたテレビドラマ「コード・ブルー」

医者目線でみると,色々ツッコミどころ満載ですが,なかなか良くできたドラマだと思います.ここまで,医師や看護師の働きぶりを,良い意味でドラマ化してくれた事は,医療従事者として嬉しい気持ちになりますね.
病院で,私達が「救急車の適正利用」を呼びかけるよりも,山Pが,一言「救急車...正しく使おうぜ!」と言ってくれた方が,インパクトは1万倍くらい強いと思われます笑

ドラマ自体は,日本の医療システムというよりは,アメリカ式のシステム(ドラマとしてはER)に近い感じですね.

できれば,1年中,病院のTVで無料で放映したほしいな.と思うきょうこのごろでした.

2017年8月10日木曜日

集団の行動原理に従う?

物事を判断するときに
1)みんなと同じ方法を採用する
2)みんなと同じ方法に疑問を持ち,別の方法を採用する
の2通りがあります.

1)が奏功するのは,何と言っても医師国家試験でしょう.
国家試験は,No.1.を競い合う試験ではなく,合格点をとることが必要な試験です.
もしかりに,10人中9人が間違う問題に対して,自分だけが正しい回答を選択したとしても,その問題が不適切問題として扱われる可能性もあります.このような試験の場合は,標準的な勉強をしている人たちをペースメーカーとして,その集団からなるべく外れないようなポジションどりをすることが重要になります.最先端の臨床で必要とされる知識と,国家試験を合格するのに必要な知識には若干のギャップが存在します.

しかし,世の中で必要な判断というのは,ほとんどが,2)であることがわかります.
たとえば,体型を維持したい!という願望があるなら
・飲み仲間が,2次会の後に,毎回ラーメンを食べているとしても,そこに参加するのは控えたほうが良いでしょう.

みんなと足並みをそろえて進めば大丈夫.という集団の行動原理は,ほとんどの場合,みんな一緒に落とし穴にはまる.というパターンが多い気がしています.