2016年8月21日日曜日

医師に不足している教育について

医療の知識やスキルを向上するために必要な
・テキスト
・学会やセミナー
というのは,すでに(過剰なほど?)国内に多数存在します.
本人の学ぶ意欲があるならば,
日本に住んでいる限りは,
医療の知識やスキルを学ぶのに困ることはほとんどなさそうです.
これは非常にありがたいことですね.

ですが,
医師にとって,"とても重要な教育"が全くなされていない事にも
気づかされます.

お金の扱いですね.

自分は生涯にどれくらいの収入を得て,
その中から,どれほどの出費が必要なのか?

多くの勤務医は,
20代後半から比較的安定した収入を得る.(生活に困らない)
→生活に困らないため,医師の仕事に没頭できる.
 →お金について深く考えることがなくなる.
  →必要なものはとりあえず買う.お金が余ったら貯金する.

一般的な勤務医の生涯年収ってどれくらいあるのでしょうか?
その収入の中から,
 マイホーム
 税金の支払い(社会保障費含む)
 生命保険
 子供の教育費×子供の人数
 車や娯楽
などにどれくらいの出費が必要なのでしょうか?

月収の中から,ローンの支払い,クレジットカードの支払いを済ませて,
残りの現金で必要なものを購入する.
余ったお金を貯金する.
というサイクルを定年まで続けていくと,
退職時には,
・(うまくいけば)支払いの終わったマイホーム
・退職金とわずかな貯金
・年金収入 が手元に残ります.
ですが,”医師としての収入”が途絶えると,
たちまち生活が苦しくなってしまいます.

資産については,適切なリスクをとって運用する事で,
価値を増やす事が可能です.
ですが,そう言った事について,
勤務医に最適化された教科書は私の知る限りは,
ほとんどありません.

多くの日本人にとってそうであるように,
医師にとってもお金について語ることは
一種のタブーになっています.
でも,生きていくためには必須の知識だと思います.

私自身が,お金との付き合い方において,行動指針としているのは
下記から得た知識です.

・橘玲さんの著書
橘さんの考え方を一言で言うなら,
経済合理性に基づいて,最適な解答を導くアプローチ.

医師は理系出身の方が多く,彼の考え方はフィットしやすのでは
ないでしょうか.
ほとんどの書籍を読破しましたが,導入としては下記がオススメ.


勤務医に最適化された電子書籍としては,一番オススメです.
臨床研究の道標と一緒に,研修医全員にプレゼントしたら
良いのにな.と結構本気で妄想してます(笑)

著者自身が勤務医ですから,
勤務医のメリット,デメリットを熟知されています.

収入を増やすことはもちろん重要ですが,
出費を見直すことの重要性についても強く強調されています.
橘さんの書籍と一緒に読むとさらに理解が深まります.

Note: 人気記事(有料記事) Top 5
医学系英語論文の書き方(10の奥義) 
医師にとってベストの英語(聞く,しゃべる)習得のステップ
医学留学を考えている人を後押しする一言
はじめての国際学会.英語プレゼンテーション(これだけはおさえておきたいポイント)
30分早く仕事を終わらせるための7つの工夫 

2016年8月3日水曜日

電子書籍読みたい放題サービス始まる


写真:ぱくたそ

前ぶれなしのビッグニュースにビックリ!

電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」、月額980円で国内提供開始

音楽や動画(映画やテレビドラマ)については,
すでに数え切れないほどの月額定額サービスがありましたが,
ついに電子書籍についても,
月額定額の読み放題サービスが登場しました!

月額980円で読み放題というのは,お得すぎますね.
早速,サービスに加入してみました!
まだまだ読める本の種類は多くはありませんが,
以前から気になっていた本を10冊ほどダウンロード.
定価では買うのをためらわれた本も,
無料なので,気兼ねなくダウンロードできちゃいます.

数ページ読んで,読まなくなる本も多いですが,
中には,夢中で読み込んでしまう本も.


個人的には,コンスタントに毎月5000円以上は書籍を購入していたので,
このサービスは嬉しすぎますね.
(アマゾンが電子書籍サービスを開始した時と同じくらいの衝撃)



そうそう,まさにこの感覚です!

でも,今後,書店や出版社の経営がますます厳しくなっていきそうですね...
個人的には,書店は大好きな場所ですし,出版社の方の努力があるから,
良質な書籍を安価に読むことができるわけで.

2016年8月2日火曜日

脊椎英語論文投稿先の情報

脊椎の英語論文投稿先の情報について(2016/08/02現在の情報)




Clinical Spine Surgery
2015年までJournal of Spinal Disorders and Techniques
として発刊されていた雑誌が,新規リニューアルしました.

インパクトファクター 2.291

実は,3年前にJournal of Spinal Disorders and Techniquesに
後輩が投稿した論文が,acceptされているにも関わらず,
in press(雑誌に掲載されることは決まっているが,まだ掲載巻号やページが決定していないもの)の状態で2年以上放置されていました.
何度も編集者にメールしたのですが,返事が曖昧で
泣き寝入りかと思っていたところ,
先日,Clinical Spine Surgeryに掲載されました(驚)

雑誌の移行時期で,掲載が大幅に遅れてしまったのでしょうね.

その後,別の論文をClinical Spine Surgeryに投稿しましたが,
レスポンスも良く,今後は安心して投稿できそうな印象です.

また,こちらの雑誌は,
初回投稿時には,abstractをまず投稿して,一時審査を受けます.

一次審査に通過した場合は,二次審査(本文の投稿)へと進みます.
つまり,魅力的な論文タイトル,abstractが書けていないと,
一次予選敗退.となってしまいます.

abstractだけで,一次審査を行うことは
投稿者にとっても,査読者にとってもメリット大きそうですね.
rejectされた論文を別の雑誌に提出する際には,
論文の体裁を変える必要があり,手間がかかります.
そこまで手間をかけて投稿しても,
あっけなくrejectされてしまうと辛いものです.
abstractで簡単な査読があれば,そのような手間が省けますから.

Clinical Spine Surgeryは,現時点で,iPadから無料で論文を
ダウンロードできますから,
興味がある人は是非ご参照ください.

2016年7月31日日曜日

チャレンジすることへのハードル

















ぱくたそ:OZPA


医師が未経験の領域にチャレンジすることについて
考えてみました.

医師になるまでの背景
・ほとんどの人が受験勉強を経験.詰め込み型の教育.
・正解のある試験でハイスコアを取れる人が集まる.

医師になってからのキャリア
・保険診療の中で,日々の診療を行う.
・内科であれば,ガイドラインを遵守して,
 過去の論文のレヴューを参照にして標準的な治療を行う.
・外科医についても,基本的には,上手な手術を見て,
 マネすることで技術を習得する.

特に手術について言えば,
・10回に1回100点を取れる手術.時に0点があり得る手術.
そのようなトライは,そもそもほとんど存在しません.
それよりは,
・100回やれば,98回は80点が取れる手術.
というものを目指している人がほとんどだと思います.
医療の性質からして,当然後者を医師は目指すべきだと思います.

ですが,医師という世界を離れて,
何か新しいことにチャレンジする場合は,
上記のプロセス全てが,邪魔をしてしまいます.

新しいことにチャレンジする際に,医師のマインドで考えると
・上手くいっている人がいたら,その人にやり方を教えてもらおう.
 (絶対失敗しないための正解がどこかにあるはず
・本を読んで調べてみよう
となります.

ですが,新しいチャレンジをする際には,
・自分なりの仮説を立てて,とにかくまずは経験してみる.
ことが重要かもしれません.

ずいぶん前にしくじり先生というテレビ番組で
堀江貴文さんがコペンハーゲンで開催された
アイアンマンレースに参戦するまでの経過が放映されていました.

ホリエモンのアイアンマンレース挑戦〜壮絶226kmの全記録〜

番組を拝見してまずびっくりしたのが,
えええ.そんな水泳のフォームで出ちゃうの?!
クロールで前に進もうとすると,まっすぐに泳げずに
コースからだんだん曲がっていってしまうのです.

でも,もっとビックリしたのが,そんな条件であっても,
スイム,バイク,フルマラソンをなんと,完走してしまったのです.

どんなことであっても,興味を持ったら,自分なりに仮説を立てて,
とにかくやってみることって,大切なんですね.