2018年1月11日木曜日

橘玲:専業主婦は2億円損をする



幸福とは 、あなたが好きなように生きることです 。これを 「自己決定権 」といいますが 、ようするに 「自由な生き方 」のことです 。
「ゆずれない 」ものをゆずらなければならなくなったとき 、幸福度は大きく下がります 。そう考えると 、 「幸福とは 、イヤなことを断れること 」といったほうがいいかもしれません 。  
ぜったいにやりたくない仕事を上司に命じられ 、 「イヤならクビだよ 」といわれたとしましょう 。そのとき 、 「わかりました 。辞めます 」と即答できるのはどういうひとでしょうか 。それは 、クビになっても生きていくのに困らないひとです 。たくさん貯金をもっているかもしれないし 、ほかの会社から 「ウチに来てくれ 」と誘われているのかもしれませんが 、いずれにしても 「自分のちからで生きていける 」と思っているから 、イヤなことをきっぱり断れるのです 。 「お金がなければ自由に生きられない 」という考え方を 、 「経済的独立 」といいます 。お金がすべてでないのはたしかですが 、お金は自由の土台でもあるのです 。 
わたしたちが生活を依存しているのは 、会社だけではありません 。日本には年金だけで暮らしている高齢者がたくさんいて 、その生活は (年金を支給してくれる )国家に依存しています 。 「悠々自適 」などといわれますが 、日本の財政はどんどん悪化していますから 、政府が 「日本の国はもうみんなに年金を払うことができなくなりました 」と宣言したらいったいどうなるのでしょうか 。
サラリーマンが会社に、年金生活者が国家に依存しているとすれば、専業主婦は生活の全てを夫に依存しています。
欧米で「私はハウスワイフです」といったとき、まわりのひとたちが唖然とするのは、「立派な大人なのに、なんで自由な人生を自分から捨てるの?」と思っているからです。国家が「主人」なら国民は「下僕」です。会社が「主人」ならサラリーマンは「社畜」です。夫が「主人」なら妻は「はしため(下女)」でしょう。日本はどうか知りませんが、世界のひとたちは,本当の愛情や信頼は対等な関係からしか生まれないと考えているのです。 

2018年1月10日水曜日

整形外科医に女医さんが少ない理由

過去記事:女性医師の割合が増えてるみたい
女性医師の割合は,皮膚科,眼科,麻酔科で多く,なんと整形外科医は最低の4.6%(涙) 皮膚科と整形外科で,女性医師の割合が10倍違うというのは,衝撃でした.

自分が整形外科医だと,「なぜ整形外科医の女性医師は少ないのか?」という理由がわからなかったりします.「このノミは切れ味がすごくいい!」とか「このネジは,軸のブレが少ないから最高」という話をすると,大抵の人からは,「それの何がすごいの??」という目でみられることもしばしば(汗)
間違いが多いかもしれませんが,女性医師が少ない理由について考えてみました.

1)急患が多い
整形外科は,開放性骨折,脱臼,脊椎損傷などの救急外傷が多く,それが敬遠されているのかも.でもそれは男性も同じかな.
2)透視を多用する
妊娠中は,手術にほとんど参加できない可能性もありそうです.
3)元々女性医師が少ないことが,影響している可能性.
整形外科の学会に行くと,95%が男性です.男子校に迷い込んだか?と思うほどの男女比のため,「ここは,女性がくるところじゃない」と本能的に感じてしまうのかもしれません.
4)力仕事が多い
THAや外傷の手術で,髄内釘やステムを骨に打ち込む際の,金属製ハンマーで「ガンガン」というシーンをみると,女性医師がちょっと引いちゃう気持ちもよくわかります.
(でも,ここが整形外科医の腕の見せどころなので,結構ドヤ顔しちゃうのです...)
あと,片脚を片手で持ち上げて消毒とか無理!みたいな.
5)空間認知能力について
これは,先日研修医の先生と話していて,なるほどと思いました.
整形外科医の手術では,透視で正面像,側面像をみただけで,インプラントの方向を3次元に理解する.すなわち空間認知能力が必須になります.これ,苦手な人も結構いるみたいで,「あれは無理です」みたいに言われることが時々あります.空間認知能力は一般には男性が得意とする能力らしく,その影響もあるのかも.

2018年1月9日火曜日

何このカッコイイおじさん2

昨日に引き続き,カッコイイおじさんシリーズ第2弾
(今日でおしまい)

今年御年70歳だそうです.
こんな風に年をとれたらいいですねえ

2018年1月8日月曜日

何このカッコイイおじさん

先日,バーに行った時.コンサートの映像が流れていました.
なんか聴いたことのある音楽だなあ
と思って,よく見ると吉川晃司でした.




アラフィフでこの体型は,ありえないですね
筋トレ&食事制限で一切無駄な脂肪がついていません.

世の中に,こんなにカッコよくTシャツを着こなせるアラフィフが何人いるでしょう
吉川晃司,安室奈美恵などを見ていると,年齢という概念がわからなくなりますね.

2018年1月7日日曜日

職場の人から無意識に受ける影響

「人間の持つ資質がその人の人生を決める」といいたいところですが,最近では

資質<<環境

で人生が決まるのではないか?と考えるようになりました.

例えば
10人の職場で,自分以外の9人が喫煙している環境で,自分だけ禁煙できるか?
全員が夜の10時まで働いている職場で,自分ひとりだけ5時に帰宅できるか?
自分は,個性的だ!他人に流されない!(上図の赤い人)
と考えていたとしても,(無意識に)思考や習慣というのは,多数派の意見に収束し,同化します.自分の周囲にいる人(多くは同じ職場の人)から受ける影響というのは,非常に大きいのです.

私が最近,「この人は面白いな」とか「世の中にはこんなアイディアがあったのか!」と関心するのは,ほとんどが「オンラインサロンの内部でのやりとり」です.

働く環境が異なり,それぞれのメンバーが個性的な場合,意見は同化するのではなく,新たな化学反応をおこし,全く新しいアイディアが生まれることが多いです.
上図でいえば,青,緑,黄の3人のやりとりを眺めているうちに,赤に全く新しいアイディアが生まれる.これは,赤だけでは思いつかないアイディアです.さらにいえば青,緑,黄のいずれとも異なるアイディア.組織に属していたときに,「たまたま近くにいる5人の意見に収束する」プロセスとは全く違います.

グローバル企業が,年齢,人種,性別,宗教などの壁を取り払って,多様性のあるメンバーを集める理由はここにあります.

全国に分散した,(かなり個性的な)メンバーが発信する情報を日々眺めていると,自分の発想がいかに限定された情報を元になされていたか?を自覚できるようになりました.











2018年1月6日土曜日

バブルについて

最近は,身の回りで
・ビットコインを始めとした仮想通貨
について耳にする機会が増えました.

私自身は,今現在は「仮想通貨は典型的なバブル」と考えています.

・身の回りの環境から感じること
半年前には,身の回りでビットコインの話題を耳にする機会はほとんどありませんでした.でも,最近は職場,飲み会などでよく耳にします.
ビットコインだけではなく,様々な仮想通貨の潜在的な価値について話題はつきません.
昔から,「靴磨きの少年が株式のうんちくを語り始めたら天井が近い」と言われています

・なぜ仮想通貨の価格は高騰しているのか?
現在の状況は,ただ単純に「買ったら1ヶ月で価格が倍になった」というふうに,「お金が儲かる」ことが価値となっています.儲かるから買う.ブロックチェーンという技術には価値があると思いますが,それを利用した無数の仮想通貨に今ほどの価値があるのでしょうか?

そして,バブルを形成する過程では,ほとんど全ての仮想通貨が高騰するため
特別な努力をしなくても簡単に儲かる(買ってしばらく待てば儲かる)
 
にわか専門家があちこちに現れる
ほとんどの通過が高騰するので,にわか専門家のうんちくにも,なんとなく説得力が生まれる.「こうやったら簡単に儲かる」といううんちく.

・バブルは意外と長く続く
一部の人は,「これって典型的なバブルでしょ」と感じて意見をいいますが,それを打ち消すかのように仮想通貨の価値は上がり続けます.バブルは意外と長く続くと言われています.「今後,10倍,いや100倍になる」という熱狂を止めることは誰にもできません.

・儲かっている時に辞めることが難しい
たとえば,10万円で購入した仮想通貨が,3ヵ月で20万円になったとします.
ここで,「10万円儲かった!」よし.辞めよう.と判断するのが難しい.
なぜなら,「次は,50万円購入したら100万円になるかも」という誘惑が生まれるから.周囲では,「○ヵ月で○百万円が○千万円になった」というような大儲けの話をしています.理屈ではわかっていても,勝ち抜けが難しいんです.

バブルがいつか弾けることはわかっていたとしても,それがいつなのか?は誰にもわかりません.お小遣いや余剰資産で楽しむ分には良いと思いますが,「一生懸命働いて貯蓄したお金で一世一代の勝負にうってでる」というのは,辞めておいた方がよいかと.
 



2018年1月5日金曜日

飛行機のビジネスクラスで世界一周しても80万円

オンラインサロンのメンバー(医師)が,なんと
「新婚旅行で世界一周の旅」にでかけることになりました.素敵だね!

豪華客船でのクルージングとおもいきや

飛行機のビジネスクラスで世界一周!


ビジネスクラスで世界一周って,どんだけ金持ち?!
私はこの話を聞いた時に,航空券だけで数百万円するのでは?
と思いました.

ところが,実際は,80万円程度で航空券が買えるそうです(驚)

興味のある方は,ブログで情報をチェックだ!

2018年1月4日木曜日

勤務医が資産形成に苦労する理由

年末から年始にかけての記事で
・日本で多くの医師(勤務医)は,サラリーマンとして働いている
ことについて述べてきました.

サラリーマンが資産形成に苦労するのは,給与所得に関して大きな2つの壁があることが理由です.

壁1)病院との関係
病院は,保険診療から得られた収益の中から,医師を始めとしてスタッフの人件費を捻出します.人を雇う立場になって考えればわかりますが,基本的に給料というのは,「そんな給料なら辞めます」と言われないギリギリ下限の金額に落ち着きます.

そんな給料なら辞めます.という言葉の重さは,「医師の希少性」に裏付けされます.

人口に対して,"医師国家試験に合格するという参入障壁を突破した医師数" が希少な内は,言葉に重みがでます.
ですが,今後医療を必要とする高齢者の数が減少する,AIなどの技術の発展などの社会の変化に伴って,「医師の希少性」というキーワードがいつまで維持されるのか?は疑問です.

壁2)国との関係
国は,多額の借金を抱えており,なんとかして税収を増やそうとしています.
消費税を上げれば良いのですが,国民の不満を高めるような政策を続けていると再選できなくなるので,とりにくい.
高額所得者に対して,巧妙な仕組みで税金の負担を上げているのは,ご承知のとおり.
サラリーマンは,給与から,国が必要な税金を引いた残りが支給される仕組みであるため,今後も,国がお金に困り続けるかぎり,給与は上がりません.
医師の絶対数は少なく,政策に反映される可能性は限りなく小さい...


医師の給与は,「病院」と「国」という2つのゲートキーパーが決定します.
この2つの大きな壁があることで,必然的に勤務医の給与は頭打ちになります.

2018年1月3日水曜日

日米外科医の待遇の違いについて

橘玲さんは,仕事には3種類あり
・バックオフィス(マックジョブ)
・スペシャリスト
・クリエーター
をいう分け方をしています.

医師の仕事は,「スペシャリスト」の代表と考えられています.

アメリカに留学経験のある先生はご存知だと思いますが,アメリカの一流病院で外科医(整形外科医含めて)の年収を聞くと,日本との違いに驚愕(きょうがく)すると思います.日本とアメリカでは,一桁違うことも珍しくありません.(もちろんアメリカの医師が日本の10倍以上の年収を得ています).笑えない冗談として,日本で有名な心臓血管外科医が,自分の年収をアメリカ人に話したところ,「それは,1週間の給料か?!」と真顔で言われたとか.

その事実を,私は以前から知っていましたが,その理由を一言で説明するこができませんでした.でも,本書では,その理由が一言で述べられていました.
欧米ではスペシャリストは「会社の看板を借りた自営業者」で,日本では「会社に所属するサラリーマン」なのです.
アメリカの場合
・患者さんが増える
・新しい検査や治療がおこなえるようになる
といった場合,医師は口をそろえて,「新しく人を雇えばいい」といいます.
自分の診療を効率よく行うためには,自分の得た収入を使って,優秀な人を雇い,さらに効率化をはかります.たくさん患者さんをみるドクターには,たくさんのサポートスタッフがつきます.アメリカでは,臨床所見をとるスタッフ,入院予約をするスタッフ,閉創するスタッフがいます.これは,アメリカの医師が「自営業者」と考えると理解が容易になります.手術を円滑に行うために,分業するのがあたりまえで,生産性が一番高くなる方法を採用しています.

一方で,日本の場合,
・患者さんが増える
・新しい検査や治療がおこなえるようになる
といった場合にも,医師は自分の裁量で人を雇うことができません.ということで,仕事を頑張れば頑張るほど,労働時間が長くなり,体力的にもきつくなります.

以前,「医師の残業に上限は必要か?」という議論に対して,一部の有識者から,「医師の仕事は,スペシャリストなわけだから,上限は不要では?」という意見がありました.

これに対する答えも,日米の違いを考えれば,回答は自ずと導かれます.
アメリカ:スペシャリスト=自営業者 仕事が増えたら,自分の裁量でスタッフを増やせる.労働時間の上限はなくてもよいかもしれない.

日本:勤務医はスペシャリストではあるがサラリーマン.自分の裁量でスタッフを増やすこともできないので,残業の上限は必要.
となりそうです.

2018年1月2日火曜日

フラットな人間関係

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

日本語には敬語というカテゴリーがあります.
そのため,一般常識のある社会人であれば,初対面の際に,必ず
1)相手の年齢
2)相手の仕事,役職
を確認しますね.

BBQで仲良くなって,タメ語で話していた相手が,実は,取引先相手だったと後でわかると,ちょっと気まずい...
だから,日常の出会い(オフライン)であれば,プライベートな出会いであっても,1)2)を確認してからでないと会話を始めることができません.

ただ,オンラインサロンのように,新しいアイディアを出し合う場では,年は若いけど,圧倒的な経験を持つ人に,年上の人が自然に教わる関係を築くためには,1)2)を意識することは,多くの場合マイナスに働きます.

実際の社会においては,もちろん高齢者を敬うことは大切な文化ですが,年齢や役職に関係なく,「良い意見は良い意見」として扱う文化も重要です.

目指すのは,フラットな人間関係!

その意味では,オンラインサロンのやり取りは,フェイスブック上で行われるテキストベースのやり取りのため,非常にフラットな対話が可能になります.

コメントには,名前とアイコンが表示されますが,基本的に相手の年齢や役職は不明です.(相手のプロフィールを見に行けば正確な情報がわかりますが,私はほとんどのやりとりで,相手の年齢は確認していません.)

実際に,サロンのメンバーの中には,特殊技能を持つ先生も多く,「この先生は,本当に凄いな...」と感じることが頻回にあります.フラットな関係であるからこそ,自由に意見が言えるし,(診療科の区別や所属する医局の垣根も関係なく)仲良くもなれる.


オンラインサロンの一つの良さが
フラットな人間関係を築ける
というのは,新しい発見でした.








Facebookの非公開グループで,毎週様々なテーマについて情報共有をしています.興味のある方はぜひ!